NY市場動向(取引終了):ダウ179.03ドル安(速報)、原油先物1.07ドル安

【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓*ダウ30種平均 30996.98 -179.03   -0.57% 31141.56 30908.47   11   19*ナスダック   13543.06  +12.14   +0.09% 13567.14 13463.66 1825 1042*S&P500      3841.47  -11.60   -0.30%  3852.31  3830.41  184  3…...

世界各国通貨に対する円:対ドル0.28%安、対ユーロ0.29%安

現在値    前日比       %   前日終値*ドル・円           103.79円   +0.29円    +0.28%   103.50円*ユーロ・円         126.30円   +0.37円    +0.29%   125.93円*ポンド・円         142.04円   -0.09円    -0.06%   142.13円*スイス・円         117.23円   +0.30円…...

【IMM:円買い持ち減】来週の注目:FOMC、パウエルFRB議長会見、米Q4GDPなど

短期投機家・投資家の円の買い持ち高は2016年以降4年ぶり高水準から減少した。来週は、連邦公開市場委員会(FOMC)や米国の10−12月期国内総生産(GDP)などに注目が集まる。さらに、米上院指名承認本会議でイエレン財務長官の採決を予定している。イエレン氏は上院指名承認公聴会での議員の質問への返答書の中で、バイデ…...

NY金先物は小幅安、換金目的の売りが増える

COMEX金2月限終値:1856.20 ↓9.70 22日のNY金先物2月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は、前営業日比-9.70ドルの1オンス=1856.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1836.30ドル−1870.80ドル。アジア市場の序盤で1870.80ドルまで買われたが、まもなく反落。ニュー…...

ニューヨーク外国為替市場概況・22日 ドル円、3日ぶり反発

22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3営業日ぶりに反発。終値は103.78円と前営業日NY終値(103.50円)と比べて28銭程度のドル高水準だった。欧州株相場や時間外のダウ先物、コモディティ価格などの下落を背景に、リスク・オフのドル買いが先行。103.80円超えに観測されていたストップロスの買いを誘発すると、23時…...

CFTC(1/19現在)  ユーロ ロング拡大、原油はロング縮小

商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、1/19現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。※通貨、ネット・ポジション、前週比円 +50,014 -506ユーロ +163,466 +7,576ポンド +13,705 +763加ドル +10,326 -1,747スイスフラン +9,420 -2,55…...

1月22日のNY為替・原油概況

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は103円89銭まで上昇後、103円75銭へ弱含んで引けた。米12月中古住宅販売件数や1月PMI速報値が予想外に12月から改善したことが好感されドル買い・円売りが強まった。ユーロ・ドルは1.2155ドルまで下落後、1.2185ドルまで上昇して引けた。ドイツやユーロ圏の1月PMIが低下、さらに、ド…...

[通貨オプション]まちまち

ドル・円オプション市場はまちまち。短中期物はリスク警戒感の後退で、オプション売りが継続した一方、1年物は買いが強まった。リスクリバーサルは短中期物でドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが後退したが、1年物は逆に買いが強まった。■変動率・1カ月物5.37%⇒5.28%(08年10/24=31.044%)・3カ月物5.92…...

欧州主要株式指数、続落

22日の欧州主要株式指数は続落となった。ドイツが2021年の経済成長見通しを引き下げたほか、英国のジョンソン首相が3度目の都市封鎖が夏まで継続する可能性を示唆したため経済の見通しが悪化。都市封鎖の延長、拡大で旅行関連が弱くTUIは16%急落。一方で、ドイツの技術・製造会社エンジニア、シーメンスは予想を上回った…...