NY市場動向(取引終了):ダウ13.36ドル高(速報)、原油先物0.51ドル高

【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓*ダウ30種平均 34479.60  +13.36   +0.04% 34618.09 34328.65   17   12*ナスダック   14069.42  +49.09   +0.35% 14069.42 14006.59 1956 1207*S&P500      4247.44   +8.26   +0.19%  4248.38  4232.25  352  1…...

世界各国通貨に対する円:対ドル0.31%安、対ユーロ0.26%高

現在値    前日比       %   前日終値*ドル・円           109.67円   +0.34円    +0.31%   109.33円*ユーロ・円         132.76円   -0.34円    -0.26%   133.10円*ポンド・円         154.77円   -0.23円    -0.15%   155.00円*スイス・円         122.08円   -0.13円…...

NY金先物は反落、ドル高を嫌気した売りが入る

COMEX金8月限終値:1879.60 ↓16.80 11日のNY金先物8月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、前営業日比-16.80ドルの1879.60ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは1876.10ドル-1906.20ドル。アジア市場で1906.20ドルまで買われたが、米長期金利の反発やドル高を嫌気して金先物の上…...

ニューヨーク外国為替市場概況・11日 ドル円、反発

11日のニューヨーク外国為替市場でドル円は反発。終値は109.66円と前営業日NY終値(109.33円)と比べて33銭程度のドル高水準だった。米長期金利の指標である米10年債利回りが1.47%台に上昇すると円売り・ドル買いが先行。6月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が86.4と予想の84.0を上回ったことも相場の支援材料…...

6月11日のNY為替・原油概況

11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円56銭から109円84銭まで上昇した。ロシア中銀総裁のドル保有に関する発言や米国の6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値の予想を上回る上昇を受けて、ドル買いが優勢になった。米10年債利回りは一時1.470%に上昇した。 ユーロ・ドルは1.2138ドルから1.2093ドルまで下落し…...

それでもインフレ関連指標に対する市場の関心は高い?

6月10日に発表された米国の5月消費者物価コア指数は、前年比+3.8%で上昇率は市場予想の同比+3.5%程度を上回った。総合指数は前年比+5.0%と市場予想を上回る伸びを記録した。5月消費者物価指数が市場予想を上回ったことから、米国債券市場では長期債利回りが一時反発したが、まもなく反落し、取引終了時点にかけて一段…...

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ドル円 もみ合い

11日のニューヨーク外国為替市場でドル円はもみ合い。4時時点では109.70円と2時時点(109.68円)と比べて2銭程度のドル高水準。109.84円を高値に売り戻しは109.68円近辺にとどめ、NY午後に入ると週末要因も加わり、109.70円台で動きが一段と細っている。 ユーロドルは動意薄。4時時点では1.2102ドルと2時時点(1.2096ド…...

ドル・円は109円70銭台で横ばい

11日のニューヨーク午後の外為市場でドル・円は、109円68銭-77銭で推移し、70-75銭レベルで横ばい状態が続いている。米10年債利回りは1.46%付近で推移し、NYダウは30ドルほどの下落になっている。 ユーロ・ドルは1.2093ドル-1.2102ドルで推移し、ユーロ・円は132円67銭-81銭で推移している。ユーロは下げ渋り。 ポンド…...

NY金先物は16.80ドル安、NY原油先物は0.62ドル高で終了

6月11日の通常取引で、COMEX金8月限は、前日比16.80ドル安の1879.60ドルで終了、取引レンジは1877.00ドル-1892.40ドル。COMEX銀7月限は、前日比0.115ドル高の28.146ドルで終了、取引レンジは28.030ドル-28.420ドル。NYMEX原油7月限は、前日比0.62ドル高の70.91ドルで終了、取引レンジは70.31ドル-71.24ドル。...